ダイエット

ダイエット中の食事で糖質と脂肪を抑制

ダイエット中の食事でのポイントは、糖質と脂肪をしっかり抑えることが肝心です。 たとえば、脂身タップリのお肉、油料理などを食べると、エネルギーが余分に摂取されてしまい、体脂肪としてたくわえられてしまいます。 また、糖質ではインシュリンという言葉を覚えておきましょう。 インシュリンは、すい臓から分泌されるホルモンです。 食べることによって血液中に増えたブドウ糖などの糖質を体脂肪に合成して血液中の糖分(血糖値)を一定に保とうと働きます。 また、体脂肪の分解をも抑制します。 要するに、糖質を摂りすぎた場合、体脂肪になってしまい、そして太ってしまうわけです。最近流行りの低インシュリンダイエットは、インシュリンの分泌が低く抑えられる食品を食べて体脂肪の合成を増やさないようにする方法です。 この糖質は、ケーキやチョコレートといったお菓子などに含まれているだけではありません。 ふだん食べているごはんやパン、イモ類などの主食にも糖質が含まれています。 だからといっても主食から糖分を一切摂らないのがダイエットというわけではありません。