ダイエット

ダイエットに有酸素運動で体脂肪を燃やす

ダイエットには有酸素運動を行い、体脂肪を燃やす方法が最も効果があると言われています。 この有酸素運動とは、ウォーキング、水泳、速歩き、サイクリングなどをさします。 十分な呼吸をしてたくさん酸素を吸い込みながら行うおだやかな運動のことです。 有酸素運動を行う際、体内に取り込んだ酸素が脂肪と糖質を分解してそれをエネルギーに変えて体が活動します。 そして、ダイエットに最も効果ある運動となるのです。 ヒトの体では、運動する際、まず血液中の糖分を燃料として消費します。 その後、筋肉や肝臓に蓄えられた糖分を燃焼して使い切ると次に体脂肪を燃焼し始めます。 体脂肪が燃えるまで最低15分は運動し続けることが必要です。 激しい運動なら大変ですが、ウォーキングやサイクリングなら気軽に出るはず。 有酸素運動は体の脂肪を燃料として消費しますが、特に内臓脂肪のほうが先に減り始めるそうです。 内臓脂肪は病気につながりやすいといわれ、病気予防と合わせて一石二鳥のダイエット効果につながります。 さらに、有酸素運動を続けると、脂肪や糖質を燃焼するだけでなく、身体の心肺機能も向上してイキイキした生活が送れるようになるでしょう。