ダイエット

ダイエット中のアルコール、お酒は禁物

ダイエットをしている時にアルコール、お酒を飲むのはおすすめしません。 アルコールのカロリーはもちろん、お酒のおつまみもカロリーの高いものが多いからです。 たとえば、ビールや日本酒には、ダイエットの大敵である糖質が含まれています。 ただ糖質の含まれていないウイスキーや焼酎はどうかというと、お酒の種類よりもアルコールがダイエットでは問題です。 適量の飲酒だと、血液の流れをよくしたりストレスを発散したりできます。 でもお酒を飲みすぎるとダイエットの敵です。 アルコールの飲みすぎは血液中の中性脂肪をふやして体脂肪を多くします。 また、お酒を飲むと食欲が増え、消化能力が高まり、つまみが高カロリー、どうしてもエネルギーの摂りすぎになりがちです。 さらに、お酒の勢いでダイエットの決心がゆるみ、飲みすぎや食べすぎを招きかねません。 ダイエット中は、アルコール、お酒は口にしないことが無難です。 ウーロン茶など糖質のない飲み物に変え、おつまみは野菜サラダや煮物、冷や奴、酢の物などの高タンパクかつビタミン、ミネラル豊富なメニューを選ぶのがおすすめです。