ダイエット

ダイエット中は外食とコンビニを控える

コンビニエンスストアで売っている総菜は、家で作るより高カロリーなものがほとんどです。 もし、外食しないといけなくなったら、和定食にしましょう。 また、インスタント食品やレトルト食品、調理済みのチルド食品、冷凍食品、できあいのお総菜などは、確かに便利で手軽です。 一方で、味付けが濃くてラードや油脂類、糖質なども多めで、ダイエットに大敵です。 外食も油脂が多めに使われ、野菜や海藻、豆類などが少なく、ビタミンやミネラル、良質のタンパク質が不足しがちになります。 ダイエット中、コンビニに立ち寄らず、外食をするのもできるだけ控えるのが無難です。 もし会社勤めをしていたら、ランチを外食に頼らず、できれば手作り弁当持参がおすすめです。 もし無理ならば社員食堂を利用したほうがいいでしょう。 ダイエットをしている時の外食はせいぜい1日1回までに。 そして低カロリー、栄養バランスを考えたメニューを選びましょう。 調理法だと、刺身など生料理が最もエネルギーが低く、ゆでる、焼く、煮る、炒める、揚げるの順でエネルギーが高くなっていきます。 そしてダイエットでは中華より洋食、洋食より和食のほうがおすすめです。