ダイエット

肥満からダイエットするカギは生活習慣

ダイエットの代名詞とも言えるのが、肥満です。 この肥満は、いまや生活習慣病ともいわれているほど、現代社会でとても多い病気にあたります。 しかも、たとえば親が肥満だと子どもも肥満の場合が多いとのことです。 なぜかというと、親が家での食事のペースや内容、量などが、子どもも親と同じように摂るでしょうから、結局、家族全員が肥満体型になってしまうようです。 では、肥満にならないためにはどうすればよいのかというと、効果的なダイエットとともに、生活習慣全般の改善が必要になります。 まずダイエットは、食事や運動が中心になるでしょう。 そして生活習慣では、早寝早起きや十分な睡眠、間食や夜食をなくすこと、お酒やタバコをやめること、日々の生活の中で運動を取り入れることなどがあげられるかと思います。 生活習慣の改善は、食事のコントロールや適度な運動と同じくらい、ダイエットではとても大事なことです。 肥満にならないために、まずは生活習慣を見直してできるだけ早く改善できるように努めましょう。